プロフィール

オリオン&ぷ~けっと

Author:オリオン&ぷ~けっと

オリオン:沖縄県出身
【好きな発泡酒】
淡麗グリーン、ジョッキ生
【好きな国産ビール】
オリオンビール、モルツ、ハートランド
【好きな外国ビール】
プーケットビール、ライオンスタウト、カールスバーグ
【好きなおつまみ】
餃子、ポテト料理
【至福の一杯】
真夏の夜のサッカースタジアムで、勝利の余韻と共に・・・

ぷ~けっと:東京都出身
【好きな発泡酒】
淡麗グリーン、Diet
【好きな国産ビール】
オリオンビール、プレミアムモルツ、琥珀エビス
【好きな外国ビール】
プーケットビール、シンハー、SOL、コロナ
【好きなおつまみ】
乾き物、鶏料理、チーズ
【至福の一杯】
沖縄の海辺で、星空を眺めながら三線の音色と共に・・・

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

沖縄の海にサンゴを植えよう!!

BeerDo!ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質ゼロ戦争の終結 【スタイルフリー、麒麟ZERO、ゼロ生、VIVA LIFE】

zero
【飲み終えて捨てられる前の糖質ゼロ発泡酒たち】


半年近くブログを書いていない間に、ビール業界も大きな変化があった。

今年の春からの特定検診制度の改正により、いわゆるメタボリック対策が世間でも注目され、そんな中でビールにも糖質ゼロの波が押し寄せてきた。
そんな中で、大手ビールメーカーも相次いで新商品を投入し、ここに糖質ゼロ戦争が巻き起こったのだった。

そんな最中、仕事上で各メーカーの担当者全員にお話を聞くことができたのだけれど、どこも力を入れているのは明白で、電車内広告やテレビCMなどで競っていた。
そうしているとやはり興味が出るもので、今年になってから出た新銘柄は発売日に必ず購入して味わうようになり、次いで全種類が出揃ったら出揃ったで飲み比べをするようになった。
というわけで今回は、「糖質ゼロ」ビール(正しくは発泡酒だけど)のマイランキングを書きたいと思う。


1、サントリー「ゼロ生」
満を持して、という言葉が当てはまるかもしれないけれど、今年の3月上旬に発売すると同時に大ヒット。
藤岡弘を起用した広告もインパクト大で、かつ味も糖質ゼロとは思えない味わいをキープしていて、売れるのも納得というところ。
「お蔭様で大好評です」との言葉は発売後の担当者コメント。先駆者のアサヒを脅かせるかどうかに期待したい。


2、サッポロ「VIVA LIFE」
糖質ゼロの中では最も後発で、4月の販売。
正直に言うと先に発売していた「BEER FINE」(“ビール”初の糖質オフ)が個人的に味が薄くイマイチだったのでそれほど期待していなかったのだけれど、飲んでみてビックリ。普通に旨い。
パッケージもポップで、広告にはナイナイを起用。どちらかというと中高年というよりは若者がターゲット?
広告もビーチでのロケだし、これから夏にかけて、仲間と一緒に気軽に飲めるんじゃないかと思う。
(味もどちらかというと爽やか系だし)


3、アサヒ「スタイルフリー」
糖質ゼロの先駆けとなった商品。昨年発売された当初は他のビールが糖質オフを謳っている中での糖質ゼロは、確かに目新しかった。
「糖質ゼロにするよりもおいしさを残すことの方が難しかった」(←うろ覚えだけど)という宣伝文句があったけれど、正直「それほど美味しいか?」と思っていた。
けれど毎日飲んでいても気にならないし、逆に安心して飲んでいたりもして、今思えばそれはそれで美味しさに満足していたのかとも思う。
他メーカーもラインナップが出揃っただけに、スタイルフリーがどのようにして糖質ゼロ売上No.1の座を守っていくのか、気になるところ。
(ちなみに、麒麟ZEROが出るときにCMをガンガン流していて、「糖質ゼロはアサヒ」という売り文句は、ビール売上連続No.1のアサヒのプライドを感じたなあ)


4、キリン「麒麟ZERO」
クールなパッケージと、糖質ゼロ戦争の幕開けということもあってかなり期待度が高かっただけに、買ってきて一口目の「あれ?」と言葉が口に出てしまったのが全て。
口に含んだ瞬間は確かに発泡酒の味なのだけれど、飲み干した瞬間には既にその味が消えてしまっている感じ。
野球では、ピッチャーがボールを投げて手から離れた瞬間の初速と、バッターのところにボールが届く時の終速の差でピッチャーの良し悪しを見る場合もある(差が少ないと伸びのあるボールになり、差がほとんど無くなるとホップしているように見えるらしい)けれど、麒麟ZEROはその差があまりにも大きい。
糖質ゼロで他にも美味しい銘柄がある中で、このあまりに後味の無いサッパリ感だと、あえて買わないと思う。もちろん個人的感想だけれど。
ノンアルコールビールに近いのかなぁ。糖質オフの淡麗グリーンはお気に入りだったのにちょっと残念。


というわけで、個人的な糖質ゼロランキングは以上の通り。
この糖質ゼロ戦争、一旦は落ち着いたけれど、第一弾のラインナップで脱落したメーカーの巻き返しが始まれば、第二次戦争も起こるのかもしれないので、そのときをまた楽しみにしたいところ。

By オリオン
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。